身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2011年

バーブラ・ストライサンド

2011年10月11日

?
? ?
? ?
?

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのレディー・ガガ。
彼女が目標としたマドンナも今だ活躍が続く。
それでもまだバーブラには及ばない。
実力でも実績でもバーブラこそ米国を代表するエンターティナー。

歌手としての実績でも並ぶ者がいない。
あらゆるメジャーな賞を数多く受賞している。
歌だけでも聞くものを圧倒する力がある。
だからステージでも歌以外のパフォーマンスはない。

といって踊れない訳ではない。
ミュージカル女優としても一流。
さらに女優としても多くの作品で実績を残している。

それも単なる女優としてだけではない。
主題曲、製作、監督までこなしたりする。
女優の時代が終焉しつつあった時勢に際立った存在感を発揮した。

だが彼女に美女という評価はない。確かに微妙なところ。
本人も容姿に価値はないと自覚していた。
しかし特徴的な大きな鼻を整形することなく、むしろ誇示。
これが私の顔なんだと開き直っているかごとく。

あくまで芸で勝負するという精神が感じられる。
事実彼女の成功はすべて芸の力。
その自信故か表情に風格(貫禄?)さえ感じさせる。

誰が何と言おうと我が道を突き進む。
強い信念、自我で成功を勝ち取ってきた。
その個性故に強い女の象徴として時代を駆け抜けた。

それ故か人格に対する悪評も多い。
何でもかんでも自我を押し通す女だと。
彼女は男なら逆に仕事の鬼と評価されただろうと反論している。

さらに本当の自分はシャイな小心者だという。
伝え聞く悪女ぶりからは信じ難い話だが。
さりとてそれを払拭するためのいい訳とも思えない。
事実ならば他人の評判とこれほど違う人も珍しいかも。

具体的に実例も告白している。
ちょっとしたことで驚いて失禁することがあるという。
さらに人前で歌を歌うことは基本的に苦手だと。
今でも少人数の前で歌うことも恥ずかしくていやだと。

ならばなぜステージの上の歌えるのか、当然の疑問だ。
本人によると客席は暗く、客の顔が見えないからだという。
世間には人前で歌いたいという人が少なくないが。
人の真実は印象、評判では分からない。