身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2010年

中島みゆき

2010年7月26日

十代の画像


プロフィールは省略。

三十代? 近影

りりしい表情が絵になる。そんな画像がけっこう多い。
だが笑うと普通に崩れる。体格もきゃしゃ。
つまり血も文化もまったく普通の日本人。

だが才能は多彩。
音楽の創造と表現の両面で煌めきを発揮し続けている。
天から才能の二物を授かったようだ。

楽曲の創作能力は普通年齢と共に低下する。
だが彼女は衰えを見せず、力を発揮し続けている。
すでにその質量は、女性としては史上屈指の水準だ。

容姿も衰えていない。
しかし文化的には普通の日本人。
欧米のような表現力の育まれる文化ではない。

だがステージでは大きく見えるし、力強い。
日本文化の範囲内で最大限のパフォーマンスを発揮。
そんな印象を受ける。

これまで積み重ねてきた実績からくる自信か。
表現者としても、女性としても輝きを見せる。
彼女自身が紛れもなく地上の星だ。
それでも弱点が見えない訳ではない。

もし欧米で育っていたら?、なんて想像をしてしまう。
あふれる才能を考えると贅沢すぎる高望みか。