身体美学Fhysical Aesthetics

美学的女性評

大坂なおみ

2022年1月10日

日本人の世界的プロテニス選手。
言われなくても日本人とわかる。
名前がフル和名、容貌も日本人で違和感ない。
しかし血と文化は純日本ではない。

特に身体は文字通り日本人離れしている。
大きく逞しく均整のとれた肢体。
身体能力も桁違いに高い。
美と身体能力が比例している。

その資質を存分に生かして世界に上り詰める。
日本人離れしていても日本選手として。
事実上世界で最も有名な日本人女子選手。
他に世界的女子選手が少ないだけにきわ立つ。
ゆえに東京五輪では最終聖火ランナーに。
長野五輪の伊藤みどり以来の大役だ。

大阪は現役である点が伊藤との違い。
当然メダル獲得が期待されていた。
しかしメダルには届かなかった。
つまり大役とはギャップの際立つ結末。

彼女の才能の高さは血によるところが大きい。
さらに文化も明らかに異なる。
日本生まれなれど育ちは純米国。
当然言語も英語、日本語は学習中。

世界的選手として多くの雑誌の表紙を飾る。
ファッションモデル風グラビアも多い。
煌びやかな衣装からビキニ水着など。

肉体美なのでなんでもおおむね絵になる。
ただファッション感覚は文化の違い感じる。
純日本選手はまず大胆ビキニ姿は公開しない。
美は惜しみなく強調するのは欧米文化。

血も文化も違うのだから日本的でないのは当然。
欧米もしくはラテンの雰囲気だが性格は繊細?。
活躍しながらも精神を病んでいたことを告白。

まだまだ若いので依然成長の途上。
恵まれた才能生かせばさらに輝けるだろう。
若くして成功すると落とし穴も多くなる。
繊細な感性で地道に歩んでほしい。

雑誌表紙1 雑誌表紙2 グラビア

下はテニスのコスチュームでの全身像。
体型がわかりやすい、ほぼ八頭身だ。

選手衣装全身像

混血選手の活躍が増えている。
血に由来する恵まれた資質を生かして。
バスケットの八村塁選手もしかり。
彼は日本育ちなので文化は完全に日本。
しかし選手としての素質は混血由来。

例外はプロ野球の大谷翔平選手。
純日本人なのにすべてが規格外。
日本人の常識を覆す奇跡的な身体能力。

身体は大きくなるほど普通は不器用になる。
だから足の速い大男はきわめてまれだ。
彼にはそういう常識が当てはまらない。
大男なのに盗塁できる俊敏さがある。

日本人は普通体が大きいと頭も大きい。
おおむね身体のサイズに比例している。
彼にはその常識も当てはまらない。
体に反して頭は小さくほぼ八頭身。
その点でも日本人離れしている。

投手と打者の二刀流を米大リーグで実現。
純日本人の彼が起こした奇跡のような偉業。
まだ若いのでさらなる進化の可能性も高い。
大阪選手共々どこまで伸びるのだろうか。