日本人の審美眼

洗練された美意識は、優れた審美眼と一体である。
欧米人と日本人の身体的美意識の差は、そのまま審美眼の差でもある。

人は異性の影響を受けながら、アイデンティティを確立していく。
自らの性を自覚するには、異性の存在が必要。
美意識も同様、男性美も女性美も異性の目に磨かれるという側面がある。

女性美も当然その影響が大きいと考えられる。
東洋人の男優では早川雪舟、三船敏郎、ブルース・リー等の成功例がある。
だが女優では皆無に近い。これは男の責任かも知れない?。

ミスコンも国内に乱立、クイーンが腐るほどいる。でも世界には通用しない。
女の努力だけで文化が底上げできるのだろうか。
文化を主導する男の審美眼が磨かれないと、状況は変わらないのではないか。
そこで女性美を鑑賞する側の男性の審美眼の問題点を並べて見よう。

■ 美人は生まれつき美人だと思っている。
実際は後天的に開発される部分も大きい。
造作に特に崩れた部分がなければ本人の努力次第で美人になれる。
メディアに登場する美女たちも、多かれ少なかれ開発された結果だ。
スーパーモデルも訓練なしにはありえない。
● 体形も同様。
モデル系タレントの体形を見て、某有名タレントが言った。
「日本人もここまできたか。」
でも日本人の体形が遺伝的に変化した訳ではない。
欧米から輸入されたプログラムによって訓練され、開発された結果。
● 演出の重要さを知らない。
素材を生かす演出のセンス、技術が人の見栄えを左右する。
メディアにのる場合はさらにその度合いが強まる。
ドラマの中の女優、写真集の中のアイドルはきれいに見えて当たり前。
それだけの演出が施されている。
他方ライティングの悪いニュース番組のキャスターはきれいには見えにくい。
同じ土俵に立たなければ美を比較することは出来ない。
映像メディアは真実が正確に映っているとは限らないのだ。
同様にミスコンの順位も演出の技量で決まっている場合が少なくない。
● 表情美を知らない。
表情美という基準、概念を知らないので造形美と表情美の区別がつかない。
きれいに見える事と、魅力的に見えるという事は別問題なのだが。
● 崩れの問題を認識していない。
表情が大きくなるにつれ、顔を崩してしまう現象が普遍的に見られる。
崩れは造作とは関係なく、いい形を作れないから起きる。
だが普遍的なため、表情は崩れるのが当たり前?、崩れを崩れと認識されない。
多くの芸能人がテレビに出てきて崩れをさらしている。
● 精神論を信じている。
表情美の原理を知らないかわりに精神論を信じる。
心がきれいなら表情もきれいになると。
● 今だに女優が美の象徴と思っている。
映画の黄金時代の発想であり、もはやカビの生えた観念。
女子アナやスーパーモデルが脚光を浴びるのも、女優の地盤沈下が背景にある。
今は女優自体モデル出身者が少なくない。訓練された分美の水準が高い。
● 自分に美意識はない。
自分はスポーツできないのに、スポーツ評論する人と似ている。
人に対しては急に偉い評論家になる。人を批評する前に自分はどうなのか。
美人論をテーマにする学者にも似た構図が見られる。

男は女を映し、女は男を映す

人は異性を見る時、自分の持つ美のイメージを投影する。
異性の好みが人によって違うのも、美のイメージが違うからだ。
好みは個人の自由、人が認めなくても自分の感性を信じればいい?。
問題はその感性が普遍性を持っているかどうかだ。

例えば八頭身は普遍性を持っているから、美の国際基準となる。
普遍性のない美感覚はそこでしか通用しない。