身体雑学20

 ■ 身体美学の姉妹編、雑学的な内容

自分が見えない女

太くないのに自分は太目と信じる女性が多い。
この現象は多くの人が感じているのではないか。
昨年、某企業の調査結果でそれが実証された。
25000人対象の調査というから重みがある。

それによると20代では半数が自称肥満だという。自称標準は四割。
つまり全体の9割は細いとは考えていない。
だが科学的基準で肥満度を測定すると、冒頭の実感以上の結果が出た。

自称肥満の8割は普通か痩せ型。自称標準の7割は痩せ型。
20代ほど極端ではないが、上の年齢層も大同小異だという。

大柄な欧米人の目に映る日本人は、大体上記調査結果と符合する。
日本女性の印象として「細い」を上げる人は多い。
ただしこれは褒め言葉とは言えない。彼らのイメージでは量感不足なのだ。
称賛であればミスユニバース等の成績に表れているだろう。

あるTV番組での、来日中のオーストラリラ人女性達へのインタビュー。
「日本の男性の印象は?」彼女達は口を揃えて「貧弱で魅力ないわね。」
社交辞令を必要としない若い彼女達の、正直な実感か。
ただ男の場合、貧弱な人はほとんどそれを自覚している。

女性特有とも思えるこの錯覚現象は何を意味するのか?。
これだけ普遍性が高いと、精神構造に起因すると考えざるを得ない。

あるTV番組で出演者の体脂肪率を計るという場面があった。
どう見てもスリムな自称肥満の某女優は、「私高いだろうな。」
しかし機械は正直に低い数字を示す。
すると彼女、「この機械おかしい。」