身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評

アリーナ・ザギトワ

2019年1月1日

近年台頭著しいロシアフィギア界の若き女王。
16歳の若さで五輪女王に輝く。
可憐な容姿、演技で日本でも人気が高い。

私服姿
水着姿

外見上の特徴は頭小さく手足が長い。
つまり頭身比率が高い。
だから演技中は大柄長身に見える。
だが実は小柄、むしろ日本選手以上に。

ようするに小柄な八頭身なのだ。
ただまだまだ成長期なので今も成長中。
もっと大柄になる可能性もある。
下の二枚の画像は八頭身体形が分かりやすい。

氷上決めポーズ1
氷上決めポーズ2

また演出によっては大人顔負けの妖艶さ。
年齢不相応な色気が話題をよんだ。
大人の妖艶さ、気品とといえばあの人。
往年の女王カタリナ・ビットが思い浮かぶ。

ビットは年齢も成熟した時期に活躍していた。
ザギトワ選手はビットよりはるかに若い。
末恐ろしい?。
はたしてどんな女性に成長するのか。

素顔の彼女は十代の少女。
年齢相応の可愛いらしい少女。
強い競技のイメージとは少し違うかも。

近年の女王にはある共通点がある。
五輪、世界選手権のいずれかで優勝した選手だ。
浅田真央、安藤美姫、荒川静香、キム・ヨナ。

愛犬家であることだ。
外国選手は情報不足で不明。
同じ傾向があるのか興味深いが。

ザギトワ選手は特に愛犬家という訳ではない。
動物なら犬でなくても好き。
愛猫の他に小動物も飼育している。
今年はさらに大型犬が加わった。

日本から贈呈された秋田犬だ。
少女に大型犬が扱えるのか。
面倒見きれるのか。
日本ではそうした懸念の声も出ていた。

実際はまったくの杞憂だった。
彼女は早々に絆を築いていた。
彼女にとって初めての犬らしいが。

彼女には大きさなど関係ないのかも知れない。
絆を築く能力が高いと考えられる。
いいかえると同一性の感受性が強い。
愛猫との深い絆も語っているからだ。

愛猫と犬の関係を心配する声も出ていた。
しかしそれも杞憂だったようだ。
短期間で共存するようになったという。

彼女の存在が共存の鍵と考えられる。
両者とも彼女との絆ができている。
故に不安を感じない可能性が高い。

飼い主次第でペットは大きく変わる。
安心を与えられないと不安定になる。
異常な行動の多くは飼い主に原因がある。
飼い主の力量でペットの幸不幸は決まる。

彼女は優秀な飼い主といえそうだ。
おそらくその資質を持っていたのだろう。
若さからして動物学勉強したとは思えない。
競技以外のもう一つの才能だ。

若さからして競技人生はまだまだ続く。
早期引退の例もあるので断定はできないが。
続ければ今後もドラマを生むことになる。

それとは別にペットとの絆もドラマを生む。
同一性の感受性が高い人には生まれやすい。
ハチ公物語もしかり。
彼女の人生に欠かせない存在となるだろう。
競技人生の栄光にも劣らないほどに。