身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2010年

エリザベス・テイラー

2010年11月6日

? ?

? ?
? ?

世紀の美人女優。愛称はリズ。
ハリウッドの黄金時代を飾った美人女優。
女優と言えば美女のイメージを持つ人が多いことだろう。
彼女は美人女優の代表格、つまり美女の中の美女。

「白人の子供は可愛い」と日本人の間でもよく言われる。
事実白人の子供モデルは日本でも需要高く、日本人より数倍ギャラが高い。
リズは白人の中で際立っていた。大人を驚かせるほどの美少女だった。
これほど美しい少女は見たことないと。
映画界入りは当然、必然のごとき流れだった。
だから彼女には下積み時代がほとんどない。

確かに正面、斜め、横顔、どこから見ても完ぺきな造形の調和。
しかも子役時代からなので、ほぼ天然の美と思われる。
ハリウッド女優の多くは大なり小なり美容整形している。
それでもリズほど完ぺきな人は希有。
ミスユニバースなどミスコンのクィーンでも同様だ。

可憐な美少女はやがて成熟するにつれて、妖艶に変貌していった。
美貌だけでなく、肉体も曲線美を誇るようになる。

オードリー(ヘプバーン)はオーディション受けてやっと運を掴んだ。
下積み時代は地味であり、自分の容姿に強い劣等感を持っていた。
彼女はリズが自分に欠けている美をすべて備えていると感じていたことだろう。

リズの存在感は超大作「クレオパトラ」で頂点に達する。
古代の美の女王を現代の美の女王が演じる。
まさに彼女のための作品だった。だが作品自体は失敗に終わる。
それでも二十世紀のクレオパトラであることに誰も異を唱えない。

私生活でも美貌と色香で男を次々と虜にする。
生涯八回も結婚している。空き家の暇がない。
十代から熟年にいたるまで女盛りの間、常に男がいた。
虫のつかない女性にはうらやましい限り。

そのためスキャンダルの女王のイメージもある。
だからなのか世紀の美女の人気は、その割に高くない。
人気ではオードリーに負けている。なぜかは美学のテーマ。

下の画像は妖艶さの際立つ、熟しきった?リズ。
ドレスの上から曲線美が見てとれる。
上の画像と比較するとまさに女の歴史。

?

オードリー・ヘプバーン

2010年9月11日

?
? ?
? ?

映画の黄金時代を支えた女優の一人。
いいかえると女優が主役だった時代に輝きを放った。
すでに故人だが、未だ日本で不滅の人気を誇る。

おそらく古今東西の全女優の中で最大級だと考えられる。
若い世代にもファンは多い。
つまり時代を超えて生き続けている。

人気の秘密はいったい何なのか。
美貌でも肉体美でもない。
成功前の彼女はけっして目立つ美女ではなかった。
体型も華奢で肉感的な要素は乏しい。

その事実(自分を)を彼女自身よく知っていた。
彼女ほど身体的劣等感を多く強く持っていた大女優は希有だろう。
顔立ちにも体にも自信がなかった。

世紀の美女ならエリザベス・テーラー。
世紀のセックスシンボルといえばマリリン・モンロー。
彼女は世紀の妖精と称される。

そこに彼女の人気の核心が表れている。
それは表情からにじみ出る可憐さ。

彼女を発掘した監督の言葉にも表れている。
「彼女の魅力は肉体美の魅力を無意味にした。」

彼女はそれ故に身体美学表情編の美のモデルの代表でもある。
本編中に度々モデルとして登場する。
身体美学にとっても不滅のモデルであり教科書。
美とは、魅力とは何か、多くの示唆を与えてくれる。

中島みゆき

2010年7月26日

十代の画像


プロフィールは省略。

三十代? 近影

りりしい表情が絵になる。そんな画像がけっこう多い。
だが笑うと普通に崩れる。体格もきゃしゃ。
つまり血も文化もまったく普通の日本人。

だが才能は多彩。
音楽の創造と表現の両面で煌めきを発揮し続けている。
天から才能の二物を授かったようだ。

楽曲の創作能力は普通年齢と共に低下する。
だが彼女は衰えを見せず、力を発揮し続けている。
すでにその質量は、女性としては史上屈指の水準だ。

容姿も衰えていない。
しかし文化的には普通の日本人。
欧米のような表現力の育まれる文化ではない。

だがステージでは大きく見えるし、力強い。
日本文化の範囲内で最大限のパフォーマンスを発揮。
そんな印象を受ける。

これまで積み重ねてきた実績からくる自信か。
表現者としても、女性としても輝きを見せる。
彼女自身が紛れもなく地上の星だ。
それでも弱点が見えない訳ではない。

もし欧米で育っていたら?、なんて想像をしてしまう。
あふれる才能を考えると贅沢すぎる高望みか。

レディー・ガガ

2010年5月11日

米国の新進気鋭のスター歌手。
奇抜で露出度の高いコスチュームが多い。
もちろん単なるキワモノではない。

?

? ?

2010年5月11日

マドンナやデボラ・ハリーを彷彿させる要素もある。
世代的にもマドンナの影響は大きいようだ。
マドンナがM・モンローの影響を受けたように。

ダンサーのキャリアもあるがその点でもマドンナに近い。
血筋もマドンナと同じイタリア系。
露出度の高さはラテンの血に由来するのか。

下済み時代にはストリッパーの経験もあるという。
マドンナはヌードモデル。デボラ・ハリーは売春婦。
本人が認め、隠さないことにさらに驚く。

さらにバイセクシュアルであることも自ら告白。
ゲイ及びその文化とも関わりが深い。
だがキワモノ的要素は彼女の成功と直接関係ない。
そんなことで成功できるほど米国のショービジネスは甘くない。

また最初の画像からもわかるようにファッションに日本の影響も見られる。
アニメ等のポップカルチャーの要素を強くとりいれている。
アニメチックな化粧で素顔がよく分からない。
素顔に近いのは最初の画像と思われる。けっこう美形に見える。
いろんな文化が交錯していてつかみ所がない印象もある。

だが見るべきはコスチュームより才能であろう。
作曲家でもある点はドリー・パートンと同じ。
作曲、歌手、ダンサー、ピアノ等楽器奏者と多彩だ。

頭身比率は日本人とそんなに違わない。
ただ体の曲線のメリハリがやはり違う。
自信があるから露出するのか。
今後マドンナのように長く活躍するのか注目される。

シンディ・クロフォード

2010年5月11日

米国のファッションモデル、女優。
スーパーモデルのはしりとして一世を風靡。
スーパーがつくのはファッションモデルを超えたから?。
そう解釈できなくもない。

? ?


彼女の活躍はモデルの領域をはるかに超えていた。
女優やテレビ司会者にも進出した。
ギャラも破格、スーパー価格だった。
企業がブランドイメージを上げるため巨額のギャラを提示した。

米国の、時の美の象徴となったと言える。
なぜ彼女はそうなりえたのか。
もちろん彼女が美しかったから?。

そう考えるとしたら的外れである。
単なる美女なら他にもいくらでもいる。
単なる美女と違うのは美を理解する知性があったからだろう。

学業優秀で、奨学金をえて名門大学に入学の経歴を持つ。
モデル業においてもその知性は発揮された。
単純にやせればきれいになるなんて考えるバカとは違う。

八頭身体型で手足が長いから一見スリムに見える。
モデルとして絞り込んでいるからでもある。
だが胸やヒップなどは豊満である。

鍛えられたアスリートのような骨格、筋肉をしている。
それもそのはず彼女の美はトレーニングの賜物だからだ。
彼女のエクササイズはビデオでベストセラーになっている。

スーパーモデルの絶対条件は美を理解していること。
理解する知性があること、なのだ。
彼女は知性によって、モデルの地位を上げたのだ。