身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2011年

バーブラ・ストライサンド

2011年10月11日

?
? ?
? ?
?

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのレディー・ガガ。
彼女が目標としたマドンナも今だ活躍が続く。
それでもまだバーブラには及ばない。
実力でも実績でもバーブラこそ米国を代表するエンターティナー。

歌手としての実績でも並ぶ者がいない。
あらゆるメジャーな賞を数多く受賞している。
歌だけでも聞くものを圧倒する力がある。
だからステージでも歌以外のパフォーマンスはない。

といって踊れない訳ではない。
ミュージカル女優としても一流。
さらに女優としても多くの作品で実績を残している。

それも単なる女優としてだけではない。
主題曲、製作、監督までこなしたりする。
女優の時代が終焉しつつあった時勢に際立った存在感を発揮した。

だが彼女に美女という評価はない。確かに微妙なところ。
本人も容姿に価値はないと自覚していた。
しかし特徴的な大きな鼻を整形することなく、むしろ誇示。
これが私の顔なんだと開き直っているかごとく。

あくまで芸で勝負するという精神が感じられる。
事実彼女の成功はすべて芸の力。
その自信故か表情に風格(貫禄?)さえ感じさせる。

誰が何と言おうと我が道を突き進む。
強い信念、自我で成功を勝ち取ってきた。
その個性故に強い女の象徴として時代を駆け抜けた。

それ故か人格に対する悪評も多い。
何でもかんでも自我を押し通す女だと。
彼女は男なら逆に仕事の鬼と評価されただろうと反論している。

さらに本当の自分はシャイな小心者だという。
伝え聞く悪女ぶりからは信じ難い話だが。
さりとてそれを払拭するためのいい訳とも思えない。
事実ならば他人の評判とこれほど違う人も珍しいかも。

具体的に実例も告白している。
ちょっとしたことで驚いて失禁することがあるという。
さらに人前で歌を歌うことは基本的に苦手だと。
今でも少人数の前で歌うことも恥ずかしくていやだと。

ならばなぜステージの上の歌えるのか、当然の疑問だ。
本人によると客席は暗く、客の顔が見えないからだという。
世間には人前で歌いたいという人が少なくないが。
人の真実は印象、評判では分からない。

マドンナ

2011年8月16日

?
? ?
?

マリリン・モンローと思った人もいるかも知れない。
無理もない。演出はモンローの完全コピーだからだ。
彼女はモンローを女性美の理想と崇拝する。

金髪もモンロー同様本物ではない。
モンローのコピー演出は他にも多く見られる。
万事モンローのようになりたいという願望のなせる業。

だがスターとしての個性、実態はモンローと大きく違う。
モンローのような薄幸な運命は感じられない。
むしろまったく逆で、強靭な意思と体力で運命を切り開く。

鍛え抜いた体はモンローの曲線美とはかなり違う。
(モンローも体型維持のため、筋トレに熱心だった。)
だがモンローの再来の如くセックスシンボルを自認、公言して憚らない。

ステージ衣装も画像のように、露出度の高いものが多い。
ヌード写真集を出したこともある。
モンローも下積み時代に撮った全裸ヌード写真が残っている。
マドンナは大スターになってから全裸を世界にさらした。
(下積み時代もヌードモデルをしている。)

話題になったが、評価を下げても高めることはなかった。
大作映画「エビータ」の主演することになったときの話。
内容はアルゼンチン国民が聖母と敬愛する伝説の女性大統領の実録。

そこで宣伝をかねて同国を親善訪問した。
彼女を待っていたのは群衆の罵倒の嵐と石つぶて。
「お前のような下品な女が演じるのは耐えられない。」
あわてて逃げ帰るはめになった。

それでもめげることはない。信じる道を突き進む。
特別美女という訳でもない。歌の天才でもない。
露出度の高さで成功している訳ではもちろんない。
米国のショービジネスはそんなに甘くない。

彼女の輝きは歌とダンスの総合的パフォーマンス。
同時代のスター、マイケル・ジャクソンと共通する。
世紀は変わり、マイケルはすでに故人。
レディー・ガガなど新世紀のスターも登場している。
それでも彼女の時代は継続中。

マリリン・モンロー

2011年6月25日

?
? ?
?

映画の黄金時代を飾った女優の一人。
ソフィア・ローレンなどと並ぶ肉体派の代表でもある。

最初の画像は成功する前の若い頃。
かなり印象が違う。彼女は大きく変貌したタイプの女優だ。
(ハリウッド女優は美容整形が多いので変貌は普通の話。)
トレードマークとも言える金髪も本物ではない。

その豊満な肉体美、女性美で一世を風靡、人気女優となる。
その個性から世紀のセックスシンボルと称される。
女優として高い実績がある訳ではない。

米国には巨乳女性は知能が低いという迷信がある。
役柄にもそのイメージが反映していた。
人気は博してもそれは彼女の本意ではなかった。

女優としての成功は自尊心を十分満たせるものではなかった。
さらに人生そのものも不遇に満ちていた。

生い立ちからして孤児同然の育ちだった。
結婚も三度しているが一度もうまくいかず。
夢で思い描いた妻にも母にもなれなかった。
そして苦悩から逃れられないまま夭折する。

しかしそれ故に伝説の人となった。
薄幸な人生を懸命に生きた愛すべき女性と記憶された。
世紀の妖精と言われたオードリーに似て今なお人気は不滅。

意外なのかどうか、女性にもファンが少なくない。
当代のスター、マドンナもその一人。
マドンナのファッション、演出にはその影響が強く出ている。
モンローが本意でなかったセクシー路線を踏襲している。

新世紀のスター、レディ・ガガはマドンナが憧れのスター。
マドンナを見て育ち、演出にもその影響が強い。
ガガは日本のアニメ文化の影響も強く受けている。
モンローの影響は感じられないが、間接的に遺伝子受け継いでいる。

山口淑子(李香蘭)

2011年5月1日

?
? ?
? ?
?

成功者の人生は波瀾万丈であるのが普通だ。
だが彼女ほどの例は希有だろう。
激動の時代を常に時代を担う主役の立場で駆け抜けた。
実績、活躍の長さ、広範さ、人間関係などの絢爛豪華さが桁外れ。

十代で早くも歌手、女優として大スターになる。
だが本人が芸能スターを目指した訳ではない。
彼女の意思と関係なく、周りの大人からレールに乗せられた。
時代が彼女を求めていたと言える。

その点は戦後世界的スターとなる三船敏郎と似ている。
三船も役者志望ではないのに偶然が重なり、レールに乗せられる。
大陸出身なのも同じ、似た運命持つ二人は後に共演することになる。

満州のスター女優になった彼女は日本映画にも出演。
ときの大スターと競演し、内外共通のスターになる。
さらに中国でも日満に勝るとも劣らない大成功する。
素性を伏せ、中国人として活動した結果でもある。
因みに画像はすべて中国人、李香蘭の時代のもの。

大戦が終結すると、そのためにスパイ容疑で逮捕される。
処刑の危機に立たされるが、日本人だと証明して助かる。
戦後は日本で本名、山口淑子として芸能活動再開。
三船敏郎など日本のスターと競演する。

さらに国内に留まらず、米国進出も果たす。
さすがに人種の壁なのか成功とまではいかなかった。
それでも映画や舞台に出演し、評価もされた。

米国では彫刻家イサム・ノグチと知り合い、最初の結婚をする。
さらに中国での名声から、再び李香蘭として香港で活動再開。
歌と映画で戦前同様に成功している。
つまり日本人と分かっても中国人にとって大スターなのだ。

だがまもなく日本人外交官との再婚を機に引退する。
38才にして20年間の絢爛豪華、濃密な芸能生活だった。
自身時代の顔だけに、多くの時代を象徴する人物と接点があった。

例えば伝説的怪人?甘粕満映理事や川島芳子などとも。
甘粕とは当然としても川島芳子とは不可思議。
(川島芳子については身体雑学20・川島芳子を参照。)
米国では死の直前のジェームス・ディーンとも交流があったという。

しかし引退の約十年後再びテレビの司会者として復帰。
さらに戦後を代表する政治家、田中角栄の要請で政界にも進出。
田中は彼女のファンだった。そして政界でも長く活躍する。
当然老境に入っていたが、驚異的な若々しい美貌を誇っていた。
彼女は今なお健在、これほど強運な日本女性を他に知らない。

ヒラリー・クリントン

2011年3月1日

?
?
? ?

弁護士、大統領夫人、大統領候補、国務長官。
しかも超大国の、まさに華麗なキャリアだ。
さらに美女でもある。つまり才色兼備。

キャリアごとに華やかな存在感を放っていた。
大統領夫人としての存在感も際立っていた。
夫の大統領にも勝るとも劣らないほどだった。
故に自身後の大統領の有力候補にもなる。

が結果は挫折、米国初の女性大統領の夢は消えた。
だがむしろよかったのかも知れない。
難しい時代だけに名声を下げる可能性も高いからだ。
一気に老け込んで美貌も台無しになったかも。

そのかわりに史上三人目の女性国務長官に就任。
初のオルブライト長官は就任時整形手術すると報道された。
見栄えの悪さを根拠にした勝手な憶測報道だった。
二人目のライス長官は黒人故か容姿にふれられることはなかった。

現長官は承知の事実だからか今さら話題になることもない。
さすがに年齢の影響も出てきているようだ。
大統領よりは現職の方が適任のように思う。
そして現職を最後に表舞台から退場が理想なのでは。

以前はキャリア以上に女性としての魅力に焦点を当てられることも多かった。
デートしたい女性のナンバーワンになったり、水着姿を盗撮されたり。
水着姿は熟女好きでなくても魅了されそうなメリハリボディだった。
彼女は表情美や姿勢美の要素も備えている。
日本の女性政治家との大きな違いだ。

女性だけに女性としてのイメージは常につきまとう。
結論としてすでに十分すぎるほど輝かしい人生。
下右の画像は近影。まだまだ美女。
傷がつかない内に人生を締めくくるべきだろう。


? ?