身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2012年

小野洋子

2012年10月16日

世界で最も有名な日本女性、といって過言でない。
ただし彼女自身が名声を高めたという訳ではない。
高名である最大の理由は、ジョン・レノンの妻であること。

世紀の白人スターと東洋人の妻、きわめて異色のカップルだ。
東洋人が世界的有名人の妻になることは非常に稀なのだ。
そもそも東洋人女性が世界的有名人になった例がきわめて少ない。
ミャンマーのアウンサンスーチー女史くらいしか思い浮かばない。
小野小町や楊貴妃など欧米人が知るはずもない。

彼女はその特異さが悪い意味で際立つことになる。
奇妙なカップルは社会から糾弾されることになる。
ジョンは不倫のはてに白人の妻子を捨てたのだ。
だが英国のマスコミや世間のバッシングは彼女に集中した。
問題と直接関係のない容姿まで「醜い」と書き立てた。

「東洋人にセクシャルな魅力があると認めたくなかったんだと思う。」
バッシングに対する彼女自身の分析である。
英国人はジョンの熱愛ぶりが、理解できなかったのだろう。

あるいは日本人もそう感じたのかも知れない。
若くしてすでに世界的大スターで億万長者。
どんな美女も思いのままのはず。
なんでわざわざ怪しげな東洋人の大年増を選ぶのか。

当時の映像には超ミニスカート姿もある。
正直にいって美脚とは言い難い。
超ミニだけにモロパンチラ(パパラッチ撮影?)画像も存在する。
だが話題にはならなかった。

クリントン米国務長官の大統領夫人時代のパンチラ画像は話題になった。
某下着メーカーが広告に使うと公表、多くの男性の目を釘付けにした。
(ただし実際に使われることはなかった。)
水着姿の盗撮映像が話題になったこともある。
男たちを悩殺した経歴を持つ国務長官は、彼女が最初で最後か。

前衛芸術家故の感性なのか、彼女は体の露出に抵抗を持っていない。
ジョンと共に全裸ヌードを公開したこともある。
しかしそれも美しいとは言い難い。
ジョンとの頭身比率の差が目立つばかり。

特に後ろ姿が最悪。東洋人の弱点丸出し。
むしろジョンの尻の方がきれいだった。
なぜ公開したのか理解に苦しむ。

ジョンがこういう評価を聞いたら何というだろうか。
一笑にふして言うだろう。
「彼女の魅力、価値をまったく分かっていない。」

彼自身が彼女の価値の証明である。
彼女への熱愛は一貫して変わることがなかった。
出会って以降のラブソングはすべて彼女に向けたものだ。

一時突き放されるように別居した時期もあったが変わらず。
むしろ彼女が必要なことを思い知ったようだ。
やがて必然的帰結ように復縁すると愛の証、愛息を授かる。
(現在ホンダのCMに出ているショーン・レノン氏だ。)
困難を克服しての劇的な高齢出産だった。

彼は二人の関係を同志と表現している。
感性、価値観の共有によって結ばれているということだろうか。
恋愛はその基盤に付随するものらしい。
なんであれ麗しき絆を築いたのだから二人の人生は天晴。
彼女を選んだジョンも天晴。彼の心をつかんだ彼女も天晴。

彼女は女性の価値や魅力とは何か。
世の女性に大きな示唆を与えている。
どんな美女であっても、愛されなかったら意味を持たない。

ジョンは男たちに教訓示している。本当の価値を見極めろと。

ジョンの人生は彼女抜きでは語れない。
彼女の人生もジョン抜きでは語れない。
よって画像はすべて二人のツーショット。

正面ツーショット1 正面ツーショット2
正面ツーショット3 正面ツーショット4

滝川クリステル

2012年7月25日

厳密にいうと日本人のクォーター。
つまり日本人の血は25%で75%が白人の血。
実際顔だちもほとんど白人、日本人的要素は感じられない。

しかし文化的にはほぼ普通の日本人だ。
成長期に日本文化が染み付いたであろうことが容易に想像できる。
ハーフのタレント、ベッキーと同じパターンだ。
すなわち顔は白人、中身(文化)は日本人。

表情に白人的な要素が少ない。
笑えば普通に崩れる。姿勢もおおむね標準的。
某CMで彼女が歩く場面があるが、普通の日本人に見える。

だが当代を代表する美女といっても過言ではない。
CM出演での存在感が如実に物語っている。
大企業の戦略的商品、イメージ戦略に起用されることが多い。

パナソニックの命運をかけたテレビが分かりやすい例。
それまでイメージを担っていた女優を追い落としての登場だ。
不調の同事業を立て直すために、彼女の美にかけた?。
演出も完全に美貌に焦点を当てている。
特に横顔の美の演出は、日本製では稀有な水準だ。

洋風な演出の顔アップ
美人画風斜め顔アップ
洋風な演出の顔アップ

報道系のアナとしてはほとんど前例がない。
女優、モデル、タレントが腐るほどいるだろうに。
本職がアナのバイトに仕事とられたら立つ瀬がない。

しかし存在感は美だけの問題ではないかも知れない。
女子アナのブランド力も価値を押し上げている?。
報道系であることが、知的な印象強めている?。

かどうか定かでないが、ブランド力が高いのは確かだ。
実際他にも多くの女子アナがCMに登場している。
現代において最もステータスが高い花形職業だといえる。

彼女の場合、それに加えて白人的美貌。
スーパーモデル的な華やかさを感じさせるようだ。
アナなのでモデルとしての基礎は持っていないが。

サッカーの日本代表監督だったトルシエ氏が明言していた。
「私が独身だったら彼女と結婚していた。」
(監督時代、仕事で彼女と関わりがあった。)
フランス人の彼にも魅力的な美女として映っていたようだ。

グレタ・ガルボ

2012年5月11日

映画の黄金時代の幕開けを飾った美人女優。
大きな銀幕に映る神秘と言われた美貌で観客を魅了。
時代を映す美の象徴として一世を風靡。

光学機器の発達は映画と同時に写真も進化。
芸術表現の一つとして確立された。
絵画よりリアルに女性美を表現するグラビアのモデル。
彼女の美はその需要にも応えた。

芸術的グラビアの先がけと言える作品を多く残している。
現代でも一級品の水準である。下の画像はそのほんの一部。
今時の日本のその筋のアイドル?の写真集よりは芸術的か。

芸術性追求したブラビア
マタハリの衣装 陰影のある顔アップ
芸術性顔アップ

ハリウッド女優として世界的名声を得たが、米国人ではない。
スウェーデンで生まれ育った純粋のスウェーデン人。
つまりスウェーデンが生んだ世界的スター。
戦後の世界的ポップスターのアバに勝るとも劣らない。

だが彼女の美の輝きは長くは続かなかった。
無声映画からトーキーに変わる過渡期に存在感を発揮。
映画はいよいよ黄金時代に入っていく。
しかし彼女は時代の流れについていくことができなかった。

時代は早くも神秘的美貌を必要としなくなっていた。
三十代半ばを最後に表舞台から消える。
いっときは復帰を目指したが時代は後戻りしない。

晩年は社会との関わりも断ち、ひっそりと暮らす。
一時代を築いた女優としては淋しい幕引きだった。
ただそれ故に彼女の美の伝説だけが今日に残る。
マリリン・モンローと似たパターンだ。

成功は彼女をはたして幸せにしたのか。
美貌は彼女にどれほど自信を与えたのか。
美とは女にとって何なのか。
彼女の人生は図らずも答えを体現している。

由紀さおり

2012年3月1日

? ?
? ?

昨年海外で注目され、海外で売り出され海外でブレイク。
日本人歌手としては数十年ぶりの快挙。

だが注目のきっかけは音楽ではなくビジュアル。
それが下のレコードジャケットの画像。
彼女を見い出した人物は中古レコードの中から同ジャケットを偶然発見。

情感溢れるたたずまいに強くひかれ即購入。
聞いてみるとイメージ通りの美しい曲と歌声。
たちまち虜になったと述懐している。

つまりジャケットの出来が悪かったなら何も起きなかった。
彼女のジャケットの絵には歌と共通する世界がある。
ジャケットを飾る彼女の姿は日本画を彷彿させる美の世界。
浮世絵の流れを汲む鏑木清方、上村松園、伊東深水の世界だ。
東洋的な顔立ちと演出。 まるで巨匠たちの美人画の実写版のようだ。

だが演歌の世界、演出とは少し違う。
歌自体が演歌と違うからか。
それでも美しい日本語を、美しく歌うという精神はまさに和。

控えめなアクションや表情は欧米の表現とはまったく違う。
それは演歌と似ているが違いも感じる。
日本人には欧米人と同水準の表情表現はまず出来ない。
しかし彼女の場合、それなりに美の世界が成立している。

彼女は華々しく登場したアイドル歌手とは違う。
売れない歌手として下積み生活を経験している。
成功のきっかけは偶然だった。
ラジオの深夜番組のオープニングのテーマ曲を歌っていた。

歌詞もなくスキャットだけのBGM。
だが美しい旋律と歌声が評判になった。
そこで歌詞をつけてレコードリリースしたら大ヒット。
その『夜明けのスキャット」が実力通りの地位に上げた。

奇しくも今回世界に出たきっかけも同曲。
彼女にとって二度も人生変える運命の曲となった。

彼女の場合、歌以外の活躍も目立つ。
たぶんそれなりに才能があるのだろう。
それでも本業は歌手。世界にも通用する美の世界がある。