身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2013年

山口百恵

2013年9月2日

ジャケット写真 陰影ある正面顔

1970年代を代表する歌手、女優。
実力、人気、カリスマ性を備えていた。
その存在感はアイドル歌手の枠を超えていた。

だが活動期間は短く7年半ほど。
しかもその大半が十代という若さ。
その短いキャリアで紅白歌合戦は6回も出場。

中国でも日本同様の人気をはくした。
往年の李香蘭の再来のように。
太く短く燦然と輝き、若くして去っていった。
スターの座に一切の未練を残さず。

しかし少女歌手のイメージは薄い。
可愛さを売る路線ではなかったからか。
成熟した大人の女性の印象が強い。
それこそ彼女の個性、存在感、カリスマ性。

少女の可憐さというより、女性の神聖さを感じさせる。
年齢には不釣り合いな母性のような。
その個性からやがて菩薩といわれるようになる。
せいぜい二十歳前後の小娘がである。

有名写真家が好んで被写体にした。
彼女を撮ることがステータスであるかのように。
某有名写真家は、撮影中存在感に圧倒されたという。
百戦錬磨のプロがである。

彼女のグラビアは時代を象徴する肖像となった。
ミュシャのサラ・ベルナール、ウォーホルのM・モンローのように。

4ショット

では彼女はすごい美女だったのか。
あるいは素晴らしいプロポーション?。
どちらでもない。
むしろ普通の人だと言って過言ではない。

美女なら他にいくらでもいる。
ナイスバディのタレントも。
だが誰も山口百恵にはなれない。
束になってもかなわない。
彼女の価値はそんなところにはない。

彼女と入れ替わるように登場した松田聖子も同じ。
事務所が容姿では勝負できないと考えていた。
華奢な体型で水着姿も絵にならない。
しかしふたを開けてみると弱点をものともせず大成功。

次に登場した中森明菜は肉体美の要素を持っていた。
だがそれが成功の要因ではない。
衣装によっては生かされたかも知れないが。
しかも後年やせすぎて台無しにしている。

見た目の可愛さだけが存在価値。
昨今のアイドル見て、そう感じる人も多いのでは。
韓流スターも同じ、だから日本人と区別がつかない。
みんな似たりよったりで、顔も名前も覚えられない。
時代を代表する顔など誰も思い浮かばない。

山口が去って三十年以上ときが経つ。
その間時代の顔となるスターが何人現れただろうか。
彼女はスターの魅力、価値とは何か。
はたまた女性の魅力とは何かを実証している。

彼女は二枚目スター俳優の若妻となって以来、専業主婦一筋。
マスコミに露出することも一切ない。
スキャンダルとも無縁で、良妻賢母を実証している。
いいかえれば菩薩であることを。

中森明菜

2013年5月12日

ジャケット1 ジャケット2

素顔は繊細そうで、日本的なしとやかな女性に見える。
表情も日本人的で、笑えば普通に崩れる。
だが一度舞台に立つと、別人のように見る者を圧倒する輝きを放つ。

デビュー前から非凡さを発揮して歌手への道を開く。
当初は無難な可愛いアイドル歌手路線。
彼女の本質ではないがそれでも成功。
しかしそんな次元にとどまる間もなく急成長。
歌詞にもあるように早熟に煌めく個性を開花。

数年後には美しい、さらにセクシー、妖艶と変化していく。
年齢的には二十歳そこそこの小娘なのだが。

菩薩といわれた山口百恵も可愛い路線ではなかった。
だから可愛いというイメージはない。
中森も可愛さを売った期間は短く、中途半端だった。
だが可愛いイメージも定着している。

つまり売らなくても見る側は可愛いと感じた。
笑顔ふりまかなくても、そう感じさせる風情があった。
ときに憂いを含んだ真顔にも強烈に。
それは本人が意図したものではない。
そもそも意識的にできることではないのだ。

可愛い、美しい、セクシーなどのイメージが交錯していた。
かっこいい、というイメージも強くある。
ときに静的に、ときに躍動的にりりしさが現れるからだ。
それもまた可愛さと通じる彼女の特徴である。

いろんな要素を変幻自在に見せ、どれも輝いていた。
振り付けもそれまでのアイドルとは異次元。
随所に姿勢美の要素が現れる。
バレエの素養がふんだんに生かされていた。
彼女自身が美を表現する感性を持っている証だ。

バレリーナでも成功できたのではと思わせるほどに。
いわばボーカル入りのバレエ。あるいは歌うバレリーナ。

ポップスでは元々振り付けが歌の一部ではあった。
誰でも真似できる程度の単純なものとして。
彼女はそれを芸術的な水準に高めた。

決めポーズの一つは荒川静香のイナバウアーに酷似。
当然荒川イナバウアーより時代が先。
イナバウアーの原形はのけ反らないので、もしや明菜の影響?。

姿勢美は表情にも輝きを与える。
静的な表情に、彼女が憧れた山口百恵にも似た情感が漂う。
それは造作を超越した輝きだ。

ケイト・ブッシュはパントマイムで歌を視覚的に表現した。
映像と歌が一体で一つの世界、表現になる。
中森も映像の美と歌が一体化していた。
目で美しいバレエ、耳で絶妙なボーカル。

さらに粋をこらした舞台装置も彼女を引き立てた。
今では派手な演出も珍しくない。
だがすべての美が一体化する例は少ない。
美の本質から外れた巨大衣装や電飾とは次元が違う。

数万円もするDVDが複数出ているが、その価値故だ。
彼女の世界はDVDでなければ完全に体験できない。
ただし根幹はあくまで歌唱力だ。
それがなければ他の要素はすべて無意味になる。

グラビアにもその芸術性、美意識が反映。
情感あふれる陰影は絵画のようでもある。
ミュシャが女優サラ・ベルナール等を描いた絵画を彷彿させる。
(下の画像は実例。)

横顔 正面顔

輝きは鮮烈なほど、持続するのが難しくなる。
内から外から様々な反動が生じる。
反動に翻弄され、命運がつきる例も少なくない。

例えばB・ホリディ、E・プレスリー、J・ジョプリン。
M・ジャクソン、H・ヒューストン等等。
以上は歌手限定だが、それでも枚挙にいとまがない。
他の分野でも同様に見られる。

若くして頂点に上りつめた彼女。
やはりというべきか、その後も順風満帆とはいかなかった。
様々な反動に耐えきれず、絶頂期に幕を下ろす。

彼女の輝きは時代の輝きでもあった。
時代が彼女に最高の舞台を用意した。
彼女はその舞台にふさわしい役割を果たした。

だが時代は変わる。それも悪い方向に。
彼女の絶頂期の後、日本社会も沈滞していく。

歌に感動するような機会が減っている。
安室奈美恵のように歌って踊れるスターもいるが。
人気を博しているのは素人芸の集団。
K-POPもJ-POPと区別がつかないし。

当然ながら彼女も以降、活動機会が減少。
ヒット曲も減った。カバー曲が多くなっている。
悪いとは言わないがもったいない。

成功と才能の代償なのか、私生活も運に恵まれていない。
ここ数年は病気休養が続いている。
今は舞台で輝くより、私生活で輝くことを願うばかりだ。

待望される復帰

休養前からメデイアの露出は少なかった。
だが彼女には価値を知る多くのファンがいる。
新世代のファンが増えることも考えられる。
今後再評価されることもありうる。
それだけ復帰を待望する声は多い。

ティナ・ターナーのように晩年再ブレークした例もある。
ターナーはそのとき還暦をはるかに過ぎていた。
ターナーに比べれば中森はまだ若い。
焦らず当分休むのもいいだろう。

もし復帰するなら改善すべき問題がある。
体型が大きく変化したのも彼女の特徴の一つ。
最初の頃は豊満なくらい良好な発育ぶりだった。
それが歳を重ねるほど細くなっていく。

けっしていいことではない。
体型の変化は容貌も変化させる。
絶頂期以後、やせ過ぎて美を損ねている。
彼女が復活するためには健康的な水準に太る必要がある。
でなければ往年の輝きは戻らないだろう。

松田聖子

2013年3月10日

ジャケット1 ジャケット1

上のジャケット画像が時代の雰囲気を感じさせる。
彼女はアイドル歌手の時代を代表する一人。

可愛い衣装、可愛い振り付け、可愛い笑顔で歌う。
歌唱力などは二の次。まさに作られるアイドル。
だから生き残ったとしても歌手であるとは限らない。

それでも中には実力を備えた本物が現れる。
彼女は典型的な可愛いキャラ風だが、本物だった。
時代を築いたという点で山口百恵や中森明菜と並ぶ。

三者の中でも見た目は一番ぶりっ子風。
体型も華奢な感じだが、実態はきわめて逞しい。
山口は引退し専業主婦、中森は絶頂期以降やや地味。

一方彼女は時代を超えて活躍が続く。
パワーの持続力は米国のマドンナに近い。
それ故こうして彼女を無視できなくなった。
私生活も奔放で常に自分のペースで突き進む。

スターとして輝かしい経歴を誇るが、米国進出ではこけた。
しかし失敗しても国内の人気は変わっていない。
そもそも米国に挑む行動力、野心が彼女らしさ。
挑戦しない、できない人間は彼女を笑える立場にない。

欧米には壁があるが、体験しなければ実感できない。
歌手としての実力とは別問題だ。
簡単には超えられない。彼女は身をもって実証した。

最近になって由紀さおりが欧米で活躍の場を得た。
だが彼女から欧米に進出した訳ではない。
欧米人が彼女を発掘した結果だ。
それでも世界的地位を確立するまでには至っていない。

今を代表するアイドルはAKB48が筆頭であろう。
競合するアイドルも、多くが似た形態を持つ。
制服を着た集団が歌って踊る。歌もダンスも基本的に素人芸。
松田の時代と基本的な構造は変わっていない。

彼女の後に登場した大物、安室奈美恵もグループ出身。
今後松田や安室に匹敵する本物が現れるのだろうか。
現時点では予感すら感じられないが。

ジャケット3

雅子妃殿下

2013年1月5日

初めてその存在を知ったときは衝撃を受けた。
その人となりのすごさにである。
血筋、家柄、キャリア、どれをとってもスーパーエリート。
代々秀才ぞろいの血筋である。

さらに容姿の水準もスーパークラス。
家柄と容姿の間に相関関係はない。
どんなに上流であっても美醜の比率は庶民と変わらない。
だからこれほど高い水準で二物を備えた人は見たことない。

少し具体的に書いてみよう。
まず姿勢美が抜群、日本人の平均値とは大きく違う。
日本人で抜群な見本は室伏広治、小谷実可子、松井秀喜などが代表例。
みんなアスリートだ。だが妃殿下はアスリートでもモデルでもない。

さらに頭身比率が日本人の平均値よりかなり高い。
身長も高いが、頭身比率の高さで実際以上に高く見える。
さらに足がまっすぐなのだ。二人の妹さんも同じ。
日本人でまっすぐな人は少ないのだが。
3ショットを見たとき、美脚三姉妹だと感じた。

ということは遺伝的要素だろうか。
ただ成長期の多くを欧米で過ごしている。
だから文化的影響も考えられる。
あるいは両方が結びついた結果かも知れない。
顔立ちもその影響なのか、東洋人的特徴が弱い。
筆者は無国籍顔と分類しているが。

完ぺきさはまだある。すこい達筆でもある。
字は体を表すと思わせるほどの美しい字を書く。まだある。
妃殿下の料理を食べた留学時代の同窓生によると抜群の腕だという。
才媛ぶりは枚挙にいとまがない。

世界を見てもこれだけ才色兼備の妃は希有。
だが世界ではそれほど知名度は高くない。
英王室の妃の知名度には遠く及ばない。
これは妃個人の問題ではない。

ご成婚のニュースは世界に配信された。
留学時代を過ごした米国の街の洋服店は記念Tシャツを販売した。
胸には留学時代の妃殿下の笑顔が大きくプリントされていた。
伝統的衣装の妃殿下を見た米国人女性がつぶやいていた。
「美しい!」

それでも知名度は高くない。これは人種の壁だろうか。
日本と中国の区別もつかない欧米人が多いという現実の反映か。
彼我の関心の度合いは明らかにこちらほど向こうは強くない。

昨年末米国のニュースサイトにこんな記事が登場した。
「北朝鮮のプリンスが世界中の女性の憧れの的になっている。」
もちろんそんな事実はなく、東洋人をからかった記事だ。
某国の某人民日報はそれを真に受けて記事にし、赤っ恥をさらした。

妃殿下は東洋人のイメージを上げられる希有な逸材。
その資質が生かされないのは国家および民族の損失だ。
ちなみに政治家は下げている人が多い。
いったい何が起きているのか。真実は誰にも分からない?。
なんとかいい方向に向かうことを願うばかりだ。

若き日のはつらつ笑顔