身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2014年

マーガレット・サッチャー

2014年7月10日

二十代?頃の肖像

チャーチル以来と評されたこともある。
その名声は英国内にとどまらない。
「鉄の女」の異名は世界に鳴り響いた。

英国は階級社会、政治家になるのは普通上流階級だ。
彼女は平民出身ながら実力で壁を乗り越えていった。
大学で化学を学び、卒業後研究者となる。
向学心おう盛で同時に経済学も学んでいた。
同時に政治家を志し、二十代半ばで下院議員に立候補。

初挑戦は落選したが、翌年結婚。
主婦になり時間ができると、今度は法律の勉強を始める。
二年後には弁護士の資格を取得する。
三十代以降は政治家一筋でキャリアを築く。

政治家として成長するにつれて、個性が際立っていく。
妥協しない信念の強さ、実行力。
その強さから「鉄の女」の異名が定着していく。
そのため敵も多く、危うく暗殺されかかったこともある。

引退後は異名が女男爵に変わる。
当時の講演料はH・キッシンジャーに匹敵したという。
事実であればすなわち世界一。

今日では女性宰相、大統領も珍しくなくなった。
しかし彼女ほどの存在感を示した政治家はまだいない。
悲劇として名を残した例はあるが。
インドのインディラ・ガンジー首相は在任中に暗殺された。

功績については、英国内で評価が分かれている。
評価しない人も少なくない。敵意を抱く人々もいる。
政治家の仕事は複雑で評価が難しい。鉄の女とて例外でない。

最晩年は認知症を患っていたと伝えられている。
異名にふさわしい大往生かどうかは定かでない。
だが歴史から異名が消えることはないだろう。
女性政治家の代表、モデルとして。

首相時代の肖像

米国版サッチャー?

米国でも初の女性大統領誕生の期待が高まっている。
以前批評したヒラリー・クリントン女史がその人。
次期候補として熱い支持を集めているという。

はたして米国版サッチャーになれるのか。
サッチャーも弁護士だが、政界入りははるかに早い。
落選はしたが二十代で早くも選挙に出ている。
下院議員に当選した三十代以降は政治家一筋。

夫が政治家だったヒラリー氏の政界入りははるかに遅い。
大統領になりうる年齢は七十代目前。
サッチャー氏がすでに政界を引退している年齢だ。

すでに美貌も衰えてきている。
世界情勢もますます難しくなってきている。
イメージ上げるよりは、下げる可能性がきわめて大きい。

期待されたオバマ氏の評価も、今や地に堕ちている。
支持者の中にも、筆者と同じ考えの人がいるようだ。
支持はするが今さら大統領目指すべきではないと。

和製サッチャー?

日本では消費税導入前の総選挙で与党が大敗した。
導入反対の野党第一党の社会党が大躍進した。
同党率いる土井委員長はいちやく時の人となった。

マスコミから和製サッチャーの呼び声も上がった。
それを知った元駐日英大使が某紙上で全否定した。
サッチャーに比肩する要素はないと。
駐日大使時代に土井氏をよく見ていたようだ。

事実土井氏はその後凋落の一途。
首相どころか最後は議員も落選する。
もっとも和製〜は本人が言った訳ではない。
見識の低いマスコミが生んだ妄想だ。

浅田真央

2014年4月1日

長髪なびかせた白黒

浅田は十代前半期、山田満知子コーチに師事した。
伊藤みどりを育てた名コーチである。
すなわちフィギアに本格的に取り組み始めた。

山田は浅田を意味深に、こう評した。
「真央は初めて世界に自信を持って送り出せる子。」
自信の意味は、浅田の容姿を指しているからだ。

浅田以前は体型など容姿で、欧米選手に負けている。
山田はいつもそう感じていた、という訳。
だが浅田は手足が長く、容貌も端正。

山田はその資質を欧米的な生活様式の影響と推測していた。
生活の洋風化が進んだ結果と。
さすがの名コーチもその推測については間違っている。

浅田の体型はバレエのレッスンの賜物だ。
幼少期(フィギアより早い)から熱心に習った結果。
一芸に秀でる子は、何事も熱心だろうと想像できる。
欧米人の生活真似しただけで、体型が変わることはない。

山田の浅田評は、他の日本選手にかなり失礼である。
特に一番の愛弟子、伊藤みどりに対して。
自分が育てた史上初の有色人種の世界女王である。
つまり白人の独壇場だった競技に、初めて風穴を開けた。

伊藤以後は東洋人や東洋系の女王が続々誕生する。
しかし歴史を切り開いたのは伊藤。
可能性を示した伊藤の功績はきわめて大きい。

女子でトリブルアクセルを初めて成功したのも伊藤。
技術的にも新風を吹き込んだ。
浅田も伊藤を尊敬し、トリプルアクセルを継承している。

山田は愛弟子、伊藤の価値を当然よく分かっている。
伊藤も山田を信頼しているであろう。
だからおそらく師匠の浅田評に、目くじら立てていない。
余裕で聞き流す度量があると思われる。

笑顔と演技全身像

五輪の結果と原因

浅田はソチでメダルこそ逃したが、劇的ドラマを演じた。
最後に絶不調から一転、渾身の演技で人々を感動させた。
悪夢翌日の復活劇に、内外から賞讃の声があふれた。
よく立ち直った!と。

しかし彼女自身手放しで喜べる結果ではないだろう。
前回の悔しさをバネに、4年間準備してきたはずだ。
なぜ最悪のスタートになってしまったのか。
そのとき完全に自分を見失っていた。

奇しくも伊藤も似たドラマを演じている。
絶頂期のアルベールビル五輪では優勝候補筆頭だった。
ところが本番では不調で、出遅れる。
ジャンプの天才といわれた彼女が、ジャンプでこけて沈む。
それでも土壇場でトリプルアクセル成功させ、本領発揮。
金こそ逃したが、女子史上初の銀メダル獲得。

それまでの伊藤は勝負強かった。
なぜ五輪本番で調子崩したのか。
引退時に堪え難いプレッシャーの大きさを告白している。
当時は他に有力選手なく、伊藤が一身で期待背負っていた。

有色人種初の五輪女王は、荒川静香が達成した。
荒川は伊藤とは立場が違っていた。
荒川も当初天才少女と注目されていた。
なれど好不調の波が大きく、注目度は高まらなかった。
トリノ五輪でも有力な優勝候補ではなかった。

本人もメダルが取れるとは考えていなかった。
だが本番が近づくほどに、流れが彼女に傾いた。
選手生活のピークがぴったり五輪と重なった。
本番ではもはやライバルなく、圧勝した。

浅田の立場は伊藤に近い。
すなわち注目度、期待度はきわめて高かった。
さらにトリプルアクセルの継承者でもある。

昨今国民的ヒロインは久しく不在、死語に近い。
浅田は唯一、当てはまるかも知れない。
スポーツ選手ながら真央ちゃんの愛称で呼ばれる。

柔道界にかつて柔ちゃんの愛称のヒロインがいた。
ところが実態は不評、不満、反感が渦巻いていた。
モデルのマンガのヒロインと違いすぎると。

浅田は文句なく正真正銘のヒロイン。
五輪で輝く姿を多くの国民が期待していただろう。
期待は大きさに比例してプレッシャーとなる。
現時点で知りうる限りでは、それが原因の可能性が高い。

だが土壇場でそれまでの努力が彼女を救った。
あくまで現時点での分析、見立てだ。
別な原因があった可能性も当然ありうる。

五輪後最初の大会、世界選手権で見事な輝きを見せた。
国民的ヒロインにふさわしい。
山田が評したように、日本人に自信を与えたであろう。

吉永小百合

2014年1月6日

十代の顔アップ 十代の正面笑顔

昭和を代表する女優、歌手の一人。
特筆すべきは最後のアイドル女優であること。
映画の黄金期のピーク、斜陽に向う手前で登場、銀幕を飾る。
可憐な魅力で時代を象徴するスーパーアイドルとなる。

清純派の代表でもある。可憐な清純派が不動のイメージ。
昨今は死語のごとく、あまり聞かない表現だが。

十代からスターとして多忙な中、大学(早稲田)を出ている。
知性もイメージの一つかも知れない。
可憐で知的な清純派として存在感を高める。
時代のマドンナともいえるカリスマ性を持つに至る。

その後も一貫してイメージを崩していない。
欧米の女優でいえば、オードリー・ヘプバーンに近い。
オードリーも気品のある淑女のイメージを貫いた。
世紀の妖精と称される所以だ。

男優なら高倉健に近いだろうか。
伝説的なイメージを崩さないという点で。

一貫性故か人気の根強さも特筆に値する。
いいかえるとカリスマ性の根強さ。サユリストは不滅!。
ファンの通称だが、今も変わらないファンが多いという。
すでに半世紀経過しているにもかかわらず。

彼女は歌手としても多くのレコードを出している。
それでも女優のイメージの方が強い。
映画の時代の生え抜きとして、女優業を主体にしているからか。

ジャケット画像1 ジャケット画像2 ジャケット画像3 ジャケット画像4

彼女以降、アイドル女優は生まれていない。
魅力的な女優がいなくなったいうことではない。
女優にアイドル性が成立しなくなったのだ。

時代の主役はアイドル歌手に移行していく。
代表の一人が山口百恵。彼女は女優の仕事も多かった。
それでも本業は歌手、輝きの主体は歌にある。

最近はスター自体生まれなくなってきている。
いいかえるとカリスマ性が。
言葉自体はよく聞くが、本物はきわめて少ない。

NHKの大河ドラマのヒロインですら例外でない。
顔も名前も同ドラマを見る人しか知らない。
見ない人たちの間では、無名に等しい。
同ドラマ自体の人気も低落傾向にある。

女優の価値は個性に集約してきている。
どんな個性を演技、発揮できるかが存在価値。
今や大女優の泉ピン子も元はお笑い芸人だった。
彼女はどんな美女にも負けない存在感を発揮できる。
容姿はあまり関係ないのだ。

結論として吉永小百合の再来は、もはやありえない。
彼女は時代が求めていたときに登場した。
スターに共通する基本的要素だ。

下の画像は最近の広告。
往年の可憐さから大人の気品、マドンナの気品変わらず。

焼酎の広告画像