身体美学Fhysical Aesthetics

■ 美学的女性評 2011年

山口淑子(李香蘭)

2011年5月1日

?
? ?
? ?
?

成功者の人生は波瀾万丈であるのが普通だ。
だが彼女ほどの例は希有だろう。
激動の時代を常に時代を担う主役の立場で駆け抜けた。
実績、活躍の長さ、広範さ、人間関係などの絢爛豪華さが桁外れ。

十代で早くも歌手、女優として大スターになる。
だが本人が芸能スターを目指した訳ではない。
彼女の意思と関係なく、周りの大人からレールに乗せられた。
時代が彼女を求めていたと言える。

その点は戦後世界的スターとなる三船敏郎と似ている。
三船も役者志望ではないのに偶然が重なり、レールに乗せられる。
大陸出身なのも同じ、似た運命持つ二人は後に共演することになる。

満州のスター女優になった彼女は日本映画にも出演。
ときの大スターと競演し、内外共通のスターになる。
さらに中国でも日満に勝るとも劣らない大成功する。
素性を伏せ、中国人として活動した結果でもある。
因みに画像はすべて中国人、李香蘭の時代のもの。

大戦が終結すると、そのためにスパイ容疑で逮捕される。
処刑の危機に立たされるが、日本人だと証明して助かる。
戦後は日本で本名、山口淑子として芸能活動再開。
三船敏郎など日本のスターと競演する。

さらに国内に留まらず、米国進出も果たす。
さすがに人種の壁なのか成功とまではいかなかった。
それでも映画や舞台に出演し、評価もされた。

米国では彫刻家イサム・ノグチと知り合い、最初の結婚をする。
さらに中国での名声から、再び李香蘭として香港で活動再開。
歌と映画で戦前同様に成功している。
つまり日本人と分かっても中国人にとって大スターなのだ。

だがまもなく日本人外交官との再婚を機に引退する。
38才にして20年間の絢爛豪華、濃密な芸能生活だった。
自身時代の顔だけに、多くの時代を象徴する人物と接点があった。

例えば伝説的怪人?甘粕満映理事や川島芳子などとも。
甘粕とは当然としても川島芳子とは不可思議。
(川島芳子については身体雑学20・川島芳子を参照。)
米国では死の直前のジェームス・ディーンとも交流があったという。

しかし引退の約十年後再びテレビの司会者として復帰。
さらに戦後を代表する政治家、田中角栄の要請で政界にも進出。
田中は彼女のファンだった。そして政界でも長く活躍する。
当然老境に入っていたが、驚異的な若々しい美貌を誇っていた。
彼女は今なお健在、これほど強運な日本女性を他に知らない。